サイバー大学生のマルチリンガルな日々

現役サイバー大学生3年生が外国語からプログラミング言語を使った日々を垂れ流す

香港でオススメの電化街(深水埗駅)

f:id:humuhimi:20190112200451p:plain

かっこかわいいPC

 

今日もいい天気ですね from 香港 !

どうも、ホームレス学生のhumuです。

 

今日は、深水埗駅あるオタク電化街を紹介したいと思います!

 

 

 

 

↓  ↓  ↓  ↓ 

 

 

 

 

 深水埗駅(Sham Shui Po)

f:id:humuhimi:20190112201737j:plain
Sham Shui Po Station



深水埗駅はMTR赤色ラインの中心部に位置していて、全体的に緑色が特徴的!

 

全体的に、香港内では、物価が安い場所になります。

 

その分、治安などはあまり良くなく盗品市場があったり若干スラムっぽい地域です(靴が片方だけ売られているとかもありました...笑)

 

 

また、色々な種類の電気製品が売買されているので、

電化街としても有名です。

 

後に説明するコンピュータ系市場はC2出口から行くことができます。

 

 

f:id:humuhimi:20190112203536j:plain

深水埗地上

 

 

格安SIMカード

 

海外に行けば、SIMカードが必要ですよね?

 

香港に来た時には、まず深水埗に来ましょう!

 

ここでは、アジア中の格安SIMカードが売られています。

 

僕も、香港に来てすぐ買いました!

 

f:id:humuhimi:20190112204519p:plain

格安SIMすげえ



基本的に、定価より安いです。

他にも、日本、韓国、中国のSIMカードなどもあり、日本のSIMカードを買って帰れば、携帯会社の通信費用に比べてだいぶ安く済むと思います。 

 

コンピュータ系市場

 

 

 

今日僕が紹介するのは

高登電脳というコンピューターマーケット!

 

 

f:id:humuhimi:20190112210621j:plain

高登電脳

 

  

階段を上がっていくと、早速イヤホンやケーブルや小さな電化製品が大量に値段札とともにぎっしり並んで、積まれているのが見られると思います。

 

 

 

f:id:humuhimi:20190112205620j:plain

大量の小型電化製品



 

奥に入っていくと、自作コンピュータ用にハードウェア部品がショーケースなどにあり、香港のギーク達は自作コンピュータを作るためにここに集まります。

 

 

f:id:humuhimi:20190112205635j:plain

大量のハードウェア電子基板



  

風冷式ファンを売ってる子会社も多く、

自分好みのファンを見つけるにはもってこいです!

 

 

f:id:humuhimi:20190113024121p:plain

店頭に置かれる様々なファン

 

 

 

f:id:humuhimi:20190112232601j:plain

キーボードはこんな感じ



 

特徴として、日本では一つの店の中に全ての商品があるので、綺麗に商品が店に収まっていますが、香港では一つの場所にいろんな子会社が集まって商品を販売しているのでこんな風に見せ付けるように商品を配置する形になってしまいます笑。

 

f:id:humuhimi:20190112233543j:plain
shop

 

 

f:id:humuhimi:20190112205552j:plain
めちゃイカした店



f:id:humuhimi:20190112233400j:plain

 

 

 また、日本は上品な雰囲気で電化製品を販売しているのに対し、香港ではなんというか厨二臭い雰囲気の店が多く男のロマンを掻き立てます笑。

 

※結構通路が狭く、人が多いときは混み合うので、コンピューターマーケットに行く時はなるべく平日の昼とかに行くのが無難です!

 

香港の技術書店

 

f:id:humuhimi:20190112234409j:plain

香港のIT技術書屋


 

この機械市場の中にはなんと書店もあって、

コンピュータ関係の本しかない本屋があります。

 

 

また、香港では、普通の書店にプログラミング系の本は置いていないので、

わざわざここに買いに来るみたいです。

 

f:id:humuhimi:20190113033234p:plain

香港の技術書

 

孫子の兵法」のようなpythonの本もありました...

本屋の中央部にはビックデータ、データサイエンス、AI関連の本が置かれており、ほぼほぼトレンドは日本と同じようです。

 

f:id:humuhimi:20190113033311p:plain

日本の本と香港の本の比較(オライリー  データ分析)


 

後、香港では「pythonによるデータ分析入門」 がなぜか「python資料分析」になってました笑

 

色もちょっと違いました笑

 

 

日本と同様、オライリーの本はやっぱり充実してました!

世界から愛されるオライリー

 

f:id:humuhimi:20190112234351j:image

 

 まとめ

 

 

 

深水埗ではこの高登電脳以外にもたくさんのコンピュータ マーケットがあり、結構見つけにくい場所にあったりするので探索してみるのもいいと思います。

 

 

また、食事やホテルも安く、変わり種のアクセサリーや謎の物体が売られていたり、隠れ家レストランや隠れ家ゲストハウスなど色々未知なものが多いので、時間がある方は回ってみてください!

 

 

f:id:humuhimi:20190113000741p:plain

 

 

ちなみに、深水埗で買った充電器は新品で激安でした。普通に使えるので、香港に来た時に必要な電化製品ばあれば寄ってみてください!

 

定価 192香港ドル

深水埗 169香港ドル

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

下にはリンクで深水埗についての観光情報を乗っけているので、よかったら見て行ってください。

 

観光情報

 

www.hongkongnavi.comを引用